人間、誰でも年を取る

11月も後半に入り、2018年も残り少なくなってきたなと感じるようになった。60代も後半に入り、自身の年齢のことを考えることが多くなった。先日もかつては時々会っていたご婦人と数年ぶりでお会いする機会があり、一気にお年を召されていたのではっとする思いに胸を突かれた。

人間、誰もが年を取るわけだが、年の取り方は徐々になのでなかなか自覚できないものだが、他人を見て、年月の経過というのは残酷なものだなと思う。いつか自分もああなるのかなとも。

素敵に年齢を重ねるにはどうすればいいのか、なかなかむずかしい。心を閉じないことが大事だろう。開かれた心で毎日を過ごすこと。あと、勉強を続けること。読書は心の若さを保つ秘訣だろう。若い人の応援、サポートをしていくことも心掛けていきたい。
無理をしたら続かないが、自堕落になっては崩れていってしまうだろう。よき友人と交流していくことも刺激を与えることになっていいだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック