アクセスカウンタ

新・校正者のひとりごと

プロフィール

ブログ名
新・校正者のひとりごと
ブログ紹介
仕事である校正のこと、最近観た映画の感想や、読んだ本の感想など、気の向くままに書いています。(since2010.6.19)
本と映画と音楽と(https://ameblo.jp/mozart1756777/)もよろしく。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
岩波新書が創刊80周年
岩波新書が創刊80周年 岩波新書が先月(2018年11月)、創刊80周年を迎えたということで新聞に特集記事がいくつか載っていた。(写真下) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 19:44
人間、誰でも年を取る
11月も後半に入り、2018年も残り少なくなってきたなと感じるようになった。60代も後半に入り、自身の年齢のことを考えることが多くなった。先日もかつては時々会っていたご婦人と数年ぶりでお会いする機会があり、一気にお年を召されていたのではっとする思いに胸を突かれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/18 10:28
TBSの新ドラマ「大恋愛」が名作ドラマになる予感
TBSの新ドラマ「大恋愛」が名作ドラマになる予感 10月から始まったテレビ各社のドラマの中でTBSの「大恋愛〜僕を忘れる君と」が完成度で群を抜いている。脚本は恋愛ドラマの名手、大石静。主演は戸田恵梨香とムロツヨシ。若年性アルツハイマーになってしまう34歳の女性医師・北澤尚と元作家で現在は引っ越し屋のアルバイトをしている42歳の男、間宮真司が主人公だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/03 20:33
人生には楽しみが必要だ
土曜日夕方6時からテレビ朝日で放送されている「人生の楽園」という番組の冒頭に西田敏行のナレーションで「人生には楽園が必要だ」というメッセージが流れる。最近、これを聞くと本当にそうだなぁと思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/10/28 14:37
モーツァルトの音楽はどうしてこんなに私の心を引きつけるのか
最近、Facebookの「いつでもモーツァルト」というグループのメンバーになった。モーツァルトファンが自由に書き込めるサイトだ。このサイトでモーツァルトの名曲名演奏というコーナーが立ち上がり、私はこの演奏が名演奏だと思う録音について続々と書き込みがある。You tubeのアドレスを書いてくださる方がいるので、その演奏を聴くことができる。 昨夜はピアノ協奏曲第20番K466をルドルフ・ゼルキンのピアノ、ジョージ・セル指揮のクリーブランド管弦楽団の演奏で聴いた。この曲を聴いたのは久しぶりだった。第... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/10/22 12:34
無理をしないと決めたら人間が怠惰になった?
年齢とともに疲れやすくなり、無理をしないことにした。それはいいことだと思うのだが、それが自分への免罪符のようになり、どうも自分という人間が怠け者になりつつあるように感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/10/08 16:58
漱石全集第4巻を読み終え、プラトン全集第2巻を読み始める
漱石全集第4巻を読み終え、プラトン全集第2巻を読み始める 岩波書店の「漱石全集第4巻」に収録されている「門」を今週読み終えた。これで第4巻に収録されている「三四郎」「それから」「門」の前期三部作を全部読み終えることができた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/29 11:49
アントニオーニ監督の傑作「情事」と「夜」を鑑賞
アントニオーニ監督の傑作「情事」と「夜」を鑑賞 イタリアの名匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督(1912−2007)の傑作「情事」(1960年、原題L'avventura)と「夜」(1961年、原題La notte)をCSとレンタルDVDで続けて鑑賞した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/16 12:12
耳の聞こえがわるくなった?
最近どうも耳の聞こえがわるくなったようだ。妻と会話していて、何と言ったのか聞き返すことが増えた。また、テレビや映画のセリフが時々聞き取れないことがある。認めたくはないが老化現象だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/08/26 07:02
テレビのない生活
今週の月曜日(8月13日)、東京地方に落雷があった。その影響でマンションの共同アンテナが故障し、木曜日までテレビが視聴できなくなった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/08/18 18:17
スマホ依存症か?
おととしの3月に携帯電話をスマートフォンに交換して2年少々が経過した。最近ちょっと時間が空くとスマホにさわっている。ガラケーのときはそんなことはなかったので、スマホ依存症になっているのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/28 18:01
お酒を飲む機会が激減した
昨年初めに大病してからしばらくはアルコール禁止だったので、お酒を一滴も飲まない生活を数か月間していたら、お酒を飲まないことが習慣になってしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/07/14 09:02
自分と折り合いをつける
人生、順調にいく時とそうでない時がある。 上手くいかない時にくさらず、落ち込まずに過ごしていくことはそんなに簡単ではない。順調な時もいい気にならず、上手くいかない時も自分を卑下しないで生きていきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/24 21:29
新ブログ「本と映画と音楽と」を始めました
先週から新ブログ「本と映画と音楽と」(https://ameblo.jp/mozart1756777/)を始めました。 タイトル通り、本や映画、音楽のことを中心に書いていきたいと思っています。 「新・校正者のひとりごと」とあわせてよろしくお願いします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/18 23:15
朝ドラ「半分、青い。」はどうして面白いのか
朝ドラ「半分、青い。」はどうして面白いのか 4月から放送されているNHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い。」が面白い。1年前に放送された「ひよっこ」も良かったが、それとは違う面白さがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 15:29
コンサートで久しぶりにブラームスの交響曲を聴いて
コンサートで久しぶりにブラームスの交響曲を聴いて 先週、コンサートでブラームスの交響曲第1番と第2番を鑑賞した。2曲とも私の好きな曲でコンサートでも何回か聴いたことのある曲だが、最近はあまり聴かなくなっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/03 16:23
作家と編集者のつながりを描いた映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」を観賞
作家と編集者のつながりを描いた映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」を観賞 1か月ほど前からレンタルDVDで映画を続けて観ている。昔の映画、最近公開された映画、とりまぜてだ。まだ観ていないが気になっている映画がたくさんある。一本でも多くの映画を観たい。今日書きたいと思ったのは「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」(原題:GENIUS)という2016年のアメリカ・イギリス映画。20世紀の前半にすい星のように現れた天才作家トマス・ウルフと彼を見出し世に送り出した編集者パーキンズとの間の友情と別れを描いたドラマだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/20 17:30
キルケゴールもアミエルも夏目漱石も女性のことで悩んだ?
最近読み終えた「ゼエレン・キェルケゴオル」(「和辻哲郎全集第1巻」所収)、「アミエルの日記第1巻」、そして現在読んでいる漱石の「三四郎」(「漱石全集第4巻」所収)からも、みんな女性のことで悩んだんだなあと思ってしまう。女性のことで悩まない、苦しまない男性などいないのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/13 19:41
校正、校閲の仕事への情熱
今年で校正、校閲の仕事を始めるようになってから35年になる。この間、出版や印刷の世界では技術革新がものすごい勢いで進み、校正という仕事の意味は全く変わってしまったと言ってもいいくらい変化した。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/05 20:48
重松清の小説「幼な子われらに生まれ」を読了。映画も鑑賞
重松清の小説「幼な子われらに生まれ」を読了。映画も鑑賞 先日観た映画「幼な子われらに生まれ」がよかったので、原作も読んでみることにした。映画の原作を読むことはあまりないので私としては珍しい経験だった。原作は人気作家・重松清が1996年に発表したもので、原作の発表から20年以上経過してから映画化されたことになる。主人公の私は37歳、商社に勤務している。最初の妻である友佳とは大学の同級生だったが、結婚後は家庭に入ってもらいたいと思う彼に対し、心理学を研究する友佳は研究を続けたいと思っている。最初の妊娠の際、夫への相談もせずに友佳は子どもをおろす。そのこと... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/04/22 17:07

続きを見る

トップへ

月別リンク

新・校正者のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる